プレジデントファミリー「2016秋号:東大生174人の小学生時代」読みました

記事をシェアする

書名:プレジデントFamily 2016年 10 月号

出版社:プレジデント社

以前買ったプレジデントファミリー。ちょこちょこ読みしていました。とても興味深かったです。

姉弟の並行塾
今日はお姉ちゃんと僕が同時刻スタートの別々の塾へ行きました。 ...

今回の特集は、

● 東大生174人の小学生時代

● 激変!子供の体と健康

 東大生174人の小学生時代

マスコミなどでもよく聞きますが、頭がいい子は子供の頃勉強ばかりではなく、スポーツや趣味に打ち込んでいたものがある、ということ。ページを開くと、『誰にも負けないものを育てた親の秘密』というページから始まります。

東大生174人が打ち込んだものとは、

1位、スポーツ (水泳・サッカー・野球など)

2位、読書

3位、楽器 (ピアノやバイオリン)

4位、勉強

5位、テレビゲーム

となります。5位にテレビゲームが入っているのは意外でした。が、東大生の打ち込み内容はとても深いのでテレビゲームでも打ち込み方が違うんでしょうね。

例えば読書好きだった女性は、家や学校の図書館の本をおおよそ読んでしまい、読む本がなくなったので漢和辞典を読んでいた、らしいです。打ち込み度合いが半端ないです。この集中力はどうやって培われたのか?!という疑問も出てきますよね、次のページからはその点に着目しています。

☆ 打ち込んだきっかけは?

☆ 打ち込んだ経験はその後の勉強や学校生活にも役に立ったか?

☆ 親に特技はあったか?

☆ あなたが大事なことに熱中している時、食事や入浴、寝る時間になったら?

打ち込んだ経験は勉強はもちろん、将来にわたって役立っているようです。内容はどうであれ、集中・没頭した経験が自分からやる子になるようです。

どんな経験があるか、などアンケートの内容がたくさん載っていてどれも興味深いです。

その中でもより興味を惹きつけられたのが、『親に感謝している言葉、反発を覚えた言葉』です。特に反発を覚えた言葉は大人が言われてもやる気が出ない言葉ばかりで、自分も気をつけないとと心が引き締まりました。

私の子供達が小さい頃から通っている幼児教室でも特に言われているのが、褒めて育てる、言葉は言霊、ということです。私達もなるべくマイナス言葉はかけず、褒めて育てています。小学校に入ってからは叱ることもたくさんありますが、幼児の間は怒ることは滅多にありませんでした。それがどこに効果があるのかはっきりとはわかりませんが、やる気、負けん気は二人共強いように感じます。

話は脱線してしまいましたが、私達が褒めて育てるを教育の基本に置いているように(そんな偉そうではなく、ゆる〜いルールですが)、各家庭でもこれだけは大事にしていたというルールがあるようで、各家庭の育て方が特集されています。

もう1つ興味を惹きつけられた内容が、『ボクらはこんな本を読んできた』。小学校6年間で読んで本の平均数、お薦めの本が載っています。

今、我が家ではお姉ちゃんがちょうど読書ブームで、本が読みたくて読みたくてしょうがないらしいです、笑。いつまでブームが続くのかはわかりませんが、お姉ちゃんは何かに没頭するタイプなので、納得するまでとことん突き進んで欲しいです。塾に行き始めて宿題の量が多く、読書時間がないのが難点だそうです。

 激変!子供の体と健康

私達が通っている幼児教室では、小学校に入った今でもレッスン前に5分ほど簡単な運動をしています。深呼吸は必須、バランスボール、前転や、床に寝転んでストレッチなど。勉強するにはまず長時間座っていること、同じ姿勢を維持すること、それは身体に軸がないとできない、ということで身体を動かすことの大切さも教えて貰っています。

そのことに関係のある特集記事が組まれていました。日常生活の当たり前と思えるような動作ができない子が増えているそうです。

突然ですが、こちらの項目できますか?

☆ 片足立ちでのバランス

☆ 手を使わずにしゃがめない

☆ 大前屈で手が床につかない

☆ 腕を垂直に上げられない

子供達も、私もやってみました。これらの項目に1つでも該当する子は調査した子のうち、4割にものぼるそうです。ゲーム機の普及や習い事等で外で遊ぶ時間が昔に比べて減っていることが原因だそうです。

私達も子どもは子供らしく外で遊ぶ!が今大事なことだと思っています。ただ平日は習い事で自由時間がほとんどないですが、時間を作って外で遊ばせるように心がけています。

その他の記事

私が特に興味をもった特集記事を紹介しましたが、他にも

● 注目一貫校 実はスゴイ面白授業

● 英語キッズ 秘密の勉強法

などです。各ご家庭で興味ある内容はそれぞれだと思いますが、プレジデントファミリーは色んな分野の特集があり、楽しめる1冊です。

[amazonjs asin=”B01J4AC0DG” locale=”JP” title=”プレジデントFamily 2016年 10 月号(2016秋号:東大生174人の小学生時代)”]

ちなみに。

最新号がすでに出版されています。

[amazonjs asin=”B06VVNR579″ locale=”JP” title=”プレジデントFamily(ファミリー)2017年04月号(2017春号:わが子の受験大激変! )”]

 最後に。

突然ですがお薦め絵本です。

絵本というか絵本作家さん。『ヨシタケシンスケ』さんです。書店でも大々的に配置されていることが多い本の作家さんです。最近作家になったばかりですが初めての絵本が、有名な、りんごかもしれない。最初から最後までワクワク感が続く内容とイラストです。そこ目線?って笑うことも多いです。ヨシタケシンスケさんの絵本が気に入って出版するたび購入していますが、今回のプレジデントファミリーにインタビュー記事があったのでお薦め絵本とともに紹介してみました。

[amazonjs asin=”4569785026″ locale=”JP” title=”ふまんがあります (PHPわたしのえほん)”]

[amazonjs asin=”4569784607″ locale=”JP” title=”りゆうがあります (PHPわたしのえほん)”]

[amazonjs asin=”4893096176″ locale=”JP” title=”このあと どうしちゃおう”]

[amazonjs asin=”4893095919″ locale=”JP” title=”ぼくのニセモノをつくるには”]

[amazonjs asin=”4893095625″ locale=”JP” title=”りんごかもしれない”]

広告
トップへ戻る