日本海キャンプ〜恐竜博物館&水族館〜

記事をシェアする

昨年行ったキャンプで記事がアップできていないところがあるのでご紹介します。

2泊3日でちょっと遠出しました。

休暇村越前三国キャンプ場

福井県にある休暇村越前三国キャンプ場。

電源サイトのオートキャンプ場です。

早朝に出発しましたが途中渋滞にもあい、6,7時間かけて到着しました。

真ん中に見えるのが海、日本海です。

キャンプ場から日本海が望め、海へ続く遊歩道もあります。

目の前が海、それも日本海ということで寒さは覚悟しないと!と意気込んでいましたが、気温も気候もよく比較的穏やかでした。

万全を期し、スクリーンタープと灯油ストーブは持参、防風と防寒には備えました。

ただ穏やかだった天候が急に変わって雨が降り出すこともあったので、

冬でも雨対策も必要だと実感しました。

長靴または冬用ブーツ(11月だと)、レインコートは持参した方がいいと思います。

テントは、防寒対策も考えストーブINできるように大きな三角テントです。

キャンプ場紹介

境界が分かりづらいですが、1区画が広い気がします。

手前のコンクリートが駐車場。

道路も舗装されているし、タイルまで敷き詰められていてとても綺麗です。

ジェイボーやキックボードも大活躍でした。

水道、トイレともとても清潔で快適でした。お湯は出ず水だけです。

トイレ。

入り口に虫除けの網などはなく虫のいない冬はいいですが、夏は何か対策されているんでしょうか。

他のキャンプ場内に比べてトイレの数はとても多くそして清潔で匂いも全くありませんでした。

自然学習歩道マップ

こちらが目の前の海へ続く歩道の案内板。

マップを見て、海まで行ってみることに。

遊歩道は作られていますが、草木は生い茂っているので、避けて歩いたりどんどん進んでいきます。

お風呂

お風呂は敷地内にある休暇宿泊施設「荒磯の湯」のお風呂を利用しました。

歩いていける距離なので車の運転を気にしてお酒が飲めないということを気にしなくても良いのが利点です。

広々とした露天風呂も屋根が半分くらいかかっていて雨でも利用できそう。

お湯加減もちょうどよく緑が広がった眺めも良かったです。

※キャンプ場受付でしか入浴券を購入できないようで、その受付が18、19時頃には閉まるので、受付の段階で入浴券は購入しておいたほうがよさそうです。(利用は21時まで可能なようです)

同じキャンプ場での二泊三日だったのでゆっくりと、二日目は越前松島水族館、三日目は恐竜博物館へ行ってきました。

二日目の観光〜越前松島水族館〜

こちらの水族館。

現地に行きキャンプ場のすぐそばにあることを知り、近いし行っていこうかな、という気軽な気持ちでした。

が、期待以上、それ以上にとても楽しく、予定していた時間をオーバーして滞在するももっと居たかったくらい体験型満載でした。

イルカショーもこんなに近くでイルカをみることができます。

一番前の席にいましたが、通路を挟んで目の前のイルカに迫力を感じワクワクです。

ペンギンのお散歩。

こちらも手の届く距離で散歩している上、見物客も多いですが何重にも並んだ列で見えないということがないのでとても近くで見ることができます。

直前にかけつけましたが、写真を撮る私も子どもたちも一番前の列で見ることができました。

ふれあいコーナーではタコやサメなど、普段触ることができない魚にふれることができ、触るのが苦手でも目の前でみることができるので貴重な経験ができます。

三日目の観光〜福井県立恐竜博物館〜

翌日。福井県立恐竜博物館へ行きました。

ずっと行ってみたいと思っていたので、一番の楽しみでした。

そして期待通りすごい展示数、そして迫力でした!

入館してすぐのエスカレーターからワクワクさせられます。

そして、、、

圧倒的な迫力。

展示の仕方がとてもうまく、飽きることなくどこを見ても興味津々。

子どもたちはいつものように音声ガイドで解説を聞きます。

順路にそって進んでいきます。

何度も書きますが圧倒的な迫力に魅了され、一つ一つガイダンスを聞いていたらあっという間に3時間超え。

帰りの時間も迫っていたので途中できりあげ、お土産を購入し終了しました。

近くに住んでいたら何度も通っていると思います。

2泊3日のキャンプはやっぱりゆっくりできてよかったです。

キャンプ場も一区画が広く、トイレ数も多く綺麗に管理されていたのでお薦めです。

その上水族館も博物館も満喫できたので、ちょっと遠出でしたが大満足の福井キャンプでした。

次は越前大野城も行ってみたいです。

たまにキャンプ場MAPまとめ一覧
行ったことのあるキャンプ場です。ファミリーキャンプなので子供が楽し...

広告
トップへ戻る