N学園1年2ヶ月目〜年間の各教科取り組み方〜

記事をシェアする

4年生のお姉ちゃんが3年生の2月から通い始めた中学受験専門のN学園。入塾して1年と2ヶ月が経ちました。

小学校ではまだ4年生ですが、塾では2月より新学年の5年へ進級です。

広告

5年生初めての個別懇談

5年なりさっそく個別懇談がありました。担任は去年と同じ先生ですので、過去の相談内容も理解してくれているのでスムーズに相談ができました。

今回の相談ポイント。

・成績アップへとつながる宿題の取り組み方

・理科・社会のライブ受講への切り替えのタイミング

これらの対策、対応を相談してきました。

成績アップへとつながる宿題の取り組み方

宿題への取り組み方は毎回相談させてもらっています。ただ、入塾したばかりの4年生の時は、はじめての宿題にどう取り組んでいくか、時間のかけかたなど、『宿題のこなし方』を相談していました。

ただもう5年生になり、入塾して1年が経ちます。そして受験まで2年となった今、取り組んでいることをいかに成績につなげていくのか、を重視していきたいと考えています。せっかく頑張って取り組んでいるのに、身につくための効率良い勉強方法があればぜひ取り入れたいので。

お姉ちゃんが現在受講しているのは、国語・算数・理科(WEB受講)。社会はテキストのみ購入して自宅学習です。

国語の宿題への取り組み方

さっそく話は脱線してしまいますが、個別懇談の数日前に開催された国語のイベントの参加してきました。内容は国語の成績が伸びる子と伸びない子との差、というものでした。とっても参考になりました。国語って普段からの会話力や生活の中で培われるだと再確認。私の気持ちとしてはこちらの内容を踏まえての個別懇談でした。

先生は、宿題の取り組み方法としては現在の方法でもいいが、それをいかに成績につなげていくかというところとなると、

・毎日の音読はかかさない(音読は宿題の内容です)

・わからない問題や間違った記述問題はどういう考え方で間違っているのかを国語教師に質問する。自分の解き方を知る、どう解けば良かったのかを教師に訪ねてみる。

このことで取り組みがしっかり身についていくということでした。なるほどーです。宿題の取り組みがしっかり復習テストで生かせているか、意味のある取り組みになっているか、意識しながらやっていきたいと再認識しました。せっかく学習塾に通っているんだから、もっと塾も先生も活用していこうと思います。

算数の宿題への取り組み方

4年生の時はWEB受講だった算数。ライブ授業になった途端、『楽しい!』と言っていましたが、4年生の時と同じように宿題を取り組んでいるはずなのに宿題の評価が下がってしまいました。そのことを相談すると、4年生の時以上の取り組み方が5年生が求められているということ、どう取り組んでいいかわからない時は子供から先生に質問するといい、という解答でした。

子供が疑問に思ったこと、子ども自身から積極的に先生に質問できるようにしていきたいです。

理科・社会の宿題への取り組み方

この2科目に関してはライブ授業、自宅学習の為宿題の取り組み方まで深く話は及びませんでしたが、社会に関しては暗記科目なので繰り返し復讐することが大事だと再認識しました。

理科・社会のライブ受講への切り替えのタイミング

現在理科はWEB受講、社会は自宅学習しています。(その経緯を記載した記事はこちら。)いつかはライブ受講へと切り替えしないといけないとは感じています。先生には我が家の状況を尊重してもらっていますが、同じことを考えていたようで切り替えのタイミングを提案してくれました。

理科・社会ともには現在は4年生の復習も含め暗記項目があるので、それが終わるタイミング、どちらも5年生の夏頃から新たな単元になり、ライブ授業でないとしっかり理解が難しいいうことなのでその時期までは現在の受講形態でいきたいと思います。

それまでに、国語と算数のペースアップがもう少しできるよう頑張ります。

塾弁事情

最後に塾のお弁当事情の感想を。

塾の中では5年生になり受講時間もグッと増えました。前回の記事にも書いていますが、夕方から夜にかけての授業なので間に夕食時間もあります。朝私が作ったお弁当をお姉ちゃんが帰宅してレンチンし、自分で持っていっています。

お姉ちゃん情報によると、提携しているお弁当屋さんで注文している子以外に、夕食時間までに家族がお弁当だけを持ってくるご家庭も多いようです。なるほどー。それなら夕食で作ったのを食べさせてあげられるんですね。

今はお姉ちゃんに頼っていますが夏場になると考えもの。お弁当屋さんにするのか、持参してあげるのか、中食にするのか、考えていかないといけません。

お姉ちゃんが塾に行っている間、弟くんと二人っきりで数時間過ごしています。じっくり向き合ってあげられる反面、お姉ちゃんがいない寂しさ・・・・こうやっていつの間にか子離れしていくんですね。

広告
トップへ戻る