N学園12ヶ月目〜WEB授業の選択と利点/不利な点〜

記事をシェアする

4年生のお姉ちゃんが3年生の2月から通い始めた中学受験専門のN学園。入塾して12ヶ月目が経ちました。もう1年が経ったんですね、早いです。

そんな4年生最後の月ですが今月は3教科ともWEB受講を選択しました。

広告

3教科WEB受講という選択

通常は教室でのライブ授業が原則です。が、おねえちゃんは算数が他の習い事とかぶっているので算数のみWEB受講を選択し、国語・理科は通塾しています。

それが今月だけすべてWEB受講になった理由は2つ。

①私の都合により送迎および家庭学習の時間確保が難しいこと

②お姉ちゃん自信が希望したということ

①送迎および家庭学習の時間確保が難しいこと

先月今月と送迎に間に合わないことが予測できていたので、あとで記載する②の理由もあり、1月は無理ないようにすることにしました。

送迎も家での勉強も1人で担当しているので、帰宅が遅くなると送迎も難しくなります。私の時間的・気持ち的なことだけでなく、家族にしわ寄せがいかないよう無理をしない受講形態を選択しました。

②お姉ちゃん自信が希望したということ

3年生の2月からちょうど1年間N学園に入塾し頑張って取り組んできたお姉ちゃん。ほぼ1年経ち以前よりは時間的な余裕ができたものの、やはり日々勉強に追われている感じがするのでしょうか。

『一度ゆっくりしてみたい』

そうお姉ちゃんがポツリと言いました。親の私からみても本当に頑張っていて、性格的にも負けず嫌いのお姉ちゃんが弱気な発言をすることはほぼないので、その言葉がずっしり私の心に響きました。これから5,6年生になるにつれ受験が迫ってくる中、ゆっくりできる時期は今しかないのでは、それなら一度休んでみたいと感じたようです。

休講を先生へ相談

①②を踏まえ、私は1月は休講しようと考えていました。考えだした時に予め休講措置があるか確認しておきました。授業料以外の諸経費は多少発生するが3ヶ月くらいは可能だということでした。

そして先生へ休講することを相談。ただ、②のお姉ちゃんがゆっくりしたいと希望したことは、お姉ちゃんのやる気がないように捉えられると可哀想だなと思い伏せておきました。

先生に相談すると、『お母さんだけの問題でお姉ちゃん自身のやる気があるならすべてWEBにしたらどうですか』と進められました。私達も当初休講ではなく同じことを考えてもいましたし、塾側にとっても休講されるより少しでも受講につなげるWEBを勧めてくるだとうなと思っていましたので、やっぱり、と感じました。

でも、今まで続きけていた勉強の習慣を続けることを先生に勧めれ、お姉ちゃんと相談していく中で最終的にお姉ちゃん自信がすべてWEB受講を選択しました。ちょうど迷っている時期が冬季講習だったのですが、受講していなかったお姉ちゃんは『勉強する環境にない為取り組みが圧倒的に減っていく』ことを目の当たりにし、感じでいたようで、全く受講しないことに不安を覚えたんだと思います。

このような経緯から今月はオールWEB受講となりました。

WEBの利点/不利な点

WEB講座の利点、不利な点をまとめてみました。N学園での感想なので他塾とは違う点もあるかと思いますが。今後私達も再度WEB受講を検討する際の参考にしたいと思いまとめました。

利点

■通塾に要する時間がかからない→時間が他のことに使える

■好きな時間に閲覧できる→時間の拘束がない

不利な点

■強制力が弱い→計画性と意思の強さが必要

■競争相手がいない→自己との戦い

■翌月のクラス替え算出となる復習テストの成績は平均点となる

→WEB受講でも復習テストのプリントは配布されます。テストも自宅で行い提出します。しかしその成績はクラス替えの成績には算入されず、クラスの平均点が自己の点数となります。成績のいい子には損、成績がよくない場合は得となります。クラス替えの結果が自分の成績がすべて反映されない点が頑張っている子供達にすると悔しいようです。

今月は自宅学習なので、WEB講座を受講したことを後悔しないように、送迎がなくなって時間を手に入れた分、お姉ちゃんと共に私も頑張ります!

広告
トップへ戻る