N学園7ヶ月目〜夏休み、夏期講習を受講するかどうか〜

記事をシェアする

4年生のお姉ちゃんが3年生の2月から通い始めた中学受験専門のN学園。入塾して7ヶ月目、、、の8月のはずが気づけばもう9月です!

夏休みです。夏休みでした。入塾して初めての夏休み。

子供達は時間があります。塾としてもさぁ夏期講習だ!となります。N学園でも、通常授業にプラスして昼間に講習がありました。

長期休暇はガッツリ勉強できる期間です!!

でも、夏期講習などの特別講習を受講するかどうか悩むこともあると思います。

我が家もそうでした。N学園は夏期講習は原則受講なんです。でも、我が家は夏期講習には参加しませんでした。かなり悩んだ結論でした。

受講しなかった最大要因は、

『通常授業プラスでの自宅学習の勉強時間確保が難しい』

という点です。

通常授業の普段でもようやく宿題リズムができてきたレベル、ですのでそれに加えて夏期講習の宿題が増えると、どちらも手薄になりそうで、時間に余裕がない中でそのリスクを背負うことは辞めました。

もちろん先生には参加するよう説得されました。夏期講習の宿題はその場で終わることが多く、ほとんど家での負担がないですよということでした。

ただそれだと本人がしっかり理解しているのか不安な点があります。お姉ちゃんはサボったりするタイプではないですが、それでも理解度が気になります。でもそれを家で確認していると結局家での負担が増えてしまいます。

また、先生がおっしゃるには特に算数は新しい単元が入ってくるので、その学習がごそっと抜けてしまう、遅れてしまうということです。

しかし、パパとも相談し悩んだ結果辞めました。

お姉ちゃんの場合は、新しいことを学ぶ時間を、復習や計算ドリル、読書の時間に充てることにしました。

夏休みは毎日学校内のルームで過ごしていて、学習時間もあるのでその時間に手をつけられていなかった計算ドリルに取り組みました。また、自由時間もあったのでその時間に読書を、、と当初の計画でしたが、なかなか計画通りにはいかず、みんなで外遊びなどすることが多かったようです。それでも夏休みだけで100冊の本は読んでいました。

また、N学園の受験までのカリキュラムを考えると、もう二度と夏期講習で学習せた内容を勉強しない、ということは決してなく、繰り返し学習、復習があるので、心配はないだろうと判断しました。

もう一つ要因としては、日中の送迎の負担という点も考慮しました。私だけでは送迎が難しかったからです。

送迎、家庭での学習、全て1人でみているので、さらに私の負担が増えることをパパは心配してくれました。

現状に負荷をかけるのではなく、お姉ちゃんが1人で通えるようになったり、弟くんがお留守番できるようになったり、もう少し私の負担が減ってからの方が我が家の場合はいいのでは、ということです。

『夏期講習を受講するかどうか』

それぞれの家庭の状況で異なると思います。我が家のように普段手薄になっている勉強時間確保の為に受講しないという選択も一つかなと思います。本人だけでなく、家族が負担になりすぎないように、を我が家は優先しました。

広告
トップへ戻る