お姉ちゃんの塾探し Part.5 〜塾を決めました!〜

記事をシェアする

去年11月頃から奔走していたお姉ちゃんの新4年生からの塾を決めました。

N学園です。

申込書を記入し、入塾金の支払いも完了済みです。

やっぱり第一印象通りでした。私達がN学園に決めた理由をまとめてみました。

 N学園の特徴

●個別指導が徹底している

☆提出した宿題をただ検印するだけでなく、内容を確認し添削指導してくれる。

☆その子の理解度、他の受講量や習い事に合わせて宿題量が調整可能である。

●自主学習しやすい環境である

☆自習室の自由解放。開講日は平日は昼過ぎから、土曜日は昼前から21時頃まで利用可能。これはどちらの塾でもあると思いますが、N学園は自由に自習するのではなく、自習室での学習でも、学習シートにスケジュールを記入提出し自習時間を無駄なく管理している。

☆WEB授業の動画配信がある。このWEB受講は受講している講義であれば、無料で何度でも閲覧が可能である。休んで振替ができなかったり、理解不足などの復習に活用できる。専用の端末がなくてもインターネット環境があれば閲覧可能なので、自宅でも外出中でもパソコン・スマホ等で空き時間の活用ができる。塾には貸し出し用パソコンがあるので塾での閲覧も可能である。

●勉強以外の子供の教育にも熱心である

☆先生との挨拶、接し方をしっかりしつけている。勉強だけでなく、この歳は自立心を育てる大事な時期でもあるため、挨拶・持ち物の指導にも重点をおいている。

☆学校と同じような姿勢で細かな相談に対応してくれる。定期的な個人面談は年に5,6回あり。

●学力テスト

☆月1回の公開学力テストあり。テスト結果で基本コースのクラス替えが行われる(成績によりクラスが別れている)。特進クラスは一定の成績が必要であるが、一度成績をクリアすれば、その学年の間は受講権利が続く。

☆学力テストは受験必須。受験できなかった場合は、自宅で受験、もしくは別日に塾にて受験後提出する。成績データには反映されないが、採点し偏差値を出してくれる。

●その他

☆親も一緒に授業に参加可能な為、子供にわかりやすく教えることができる。

☆講師の半数が正社員である、責任がある。

☆校舎は駅前であるが授業後は改札口、バス停までの引率あり。

 私たちがN学園に決めた最終ポイント

上記の特徴で入塾はほぼN学園だと決めていました。学力テストで無事に入塾成績もクリアーしましたが、最後まで迷いがある私達の背中を押した点は、、、

☆子供が一番通いたいと希望していたこと。

これがやる気が出る一番のポイントだと思います。通いたい=子供自身も自分に適した塾だと感じた部分があるんだと思います。その気持ちを一番重視しました。

☆私達にあった学習方法を提案してくれたこと。

4年生の基本コースは、国・算・理の3科目です。

平日の通塾となるのでサッカースクールと算数の授業時間がかぶりました。算数のみ別曜日の他の校舎へ通うことも検討しましたが、送迎の時間を考えると私の負担が大きく、下の子にも影響してきます。でも、算数は外すことが考えにくく、先生に相談した結果、まず提案してくれたのが、基本コースの算数はWEB受講し、特進クラスで塾の講義を受けるということ。この選択だと、算(WEB受講)・国・理の基本コース➕特進算数。当初はこちらの案でいいと思っていたのですが、週3日の送迎と復習・宿題の学習、家での算数のWEB講座、これだけの量をこなせるのか、これに今後社会科目が追加される勉強時間の確保と費用の負担も大きいという不安が出てきました。また下の子の塾や勉強もあるのでそちらの時間も考慮しないといけません。

パパと相談を重ね、最終的に入塾申込み前に先生に全ての悩みを話しました。そして再度提案してくれたのが、算数の特進クラスは受けない。受講は算(WEB受講)・国・理の基本コースのみ。通塾するのは国・理。家でWEB講座を受講。WEB講座でもテキスト、宿題の確認はLIVE受講している他の生徒と全く同じなので安心です。特進クラス、社会は後々時間的に精神的に余裕が出てきてから再度考えることにしました。

社会についてはN学園で使われているテキストを購入し自宅学習することにしました。自宅学習を選択した場合に不安なのは、進め方、勉強方法、勉強内容が定着しているかわかりづらいということです。不安の解消方法の1つとして、月1の学力テストを社会を含む4科目で受験し同じテキストを使うことで、学習の遅れ、内容を把握できているか確認することにしました。

中学受験を目指す高学年のほとんどのお子さんは他の習い事を辞めて塾1本に絞り勉強時間を確保するそうです。しかし私たちは現段階では他の習い事も平行して続けていくくつもりなので、学習時間をしっかり確保できるか不安だということも相談しました。その点に関しては宿題の量を調整してくれるそうです。上記のN学園の特徴にも書きましたが、他の習い事での学習時間の確保状況だけでなく、子供の習得具合に応じて量も調整してくれるそうです。

これらの細かな適応力が決め手になりました。

新しい塾に、週2回の通塾と自宅WEB学習に私は不安でしたが、お姉ちゃんは『早くN学園に行きたい』とやる気満々。その様子をを見ていると、まずはできる範囲で無理をせず、力入れすぎず、一緒に進めていこうと思いなおしました。

入塾前から頼れる先生に出会えた気がし、親が安心して任せられる塾を選ぶことができたと思います。

他の塾を選ばなかった理由

候補だったNセンターとH学園。こちらを選ばなかったのは、N学園が上記の理由で上回っていたことが1番の理由です。が、他にも、

Nセンターは、テストを受けに行った第一印象が大手予備校、大規模塾というイメージが離れず、生徒一人ひとりに向き合った指導を好む私達の方針のイメージとはズレがあるように感じたからということもあります。

H学園もNセンターと同じような理由ですが、お姉ちゃんの個性が伸びる勉強スタイルとイメージが違ったように感じました。

ただ今回の塾決定はお姉ちゃんの性格を考慮して判断したことですので、僕の場合は僕にあった塾探しをすることになると思います。

N学園入塾初日〜今までの学習塾を卒業〜
2月1日から新しい塾の新学年がスタートしました。 中学受験の塾っ...

広告
トップへ戻る