学習用、勉強用におすすめなタイマー・ストップウォッチ

記事をシェアする

家庭学習の時間管理の話です。

今までは問題を解くのにかかった時間、間違いなおしにかかった時間、かかってしまった時間は必要な時間だという考えでした。

が、途中から問題を解く時間を意識するだけでなく、間違いなおしにかかる時間も意識しました。ただ間違いなおしは理解することが1番重要なので、時間を省略することはできないですが。

問題を解く時間管理はお姉ちゃん本人に任せています。

今まではストップウォッチや携帯のタイマーを利用していまいしたが、タイマーの使用頻度が高く、使いやすさを求めてこちらを購入しました。

直感的に使いやすい、無印良品ダイヤル式キッチンタイマー

無印良品 ダイヤル式キッチンタイマー TD‐393

[amazonjs asin=”B01FC1UHJA” locale=”JP” title=”無印良品 ダイヤル式キッチンタイマー TD‐393”]

☆裏面がマグネットなので冷蔵庫に貼り付けています。

無印良品 ダイヤル式キッチンタイマー TD‐393

☆側面をクルクルと回すだけで時間設定ができるので、とても簡単です。

無印良品 ダイヤル式キッチンタイマー TD‐393

時計回りに回すと00:00から数字が10秒単位で増え、時計と反対周りに回すと、10秒単位で減ります。サッと設定できるのでとても使い勝手がよく、本当に買ってよかったです。

また別の発見として、弟くんの休憩時間用タイマーとしても活躍しました。

勉強中まだまだ集中力が持たない弟くん。ここでタイマーが登場します。頑張ってこのページ終わらせたら5分休憩しようと提案します。終わったり、難しい問題で気分転換したいときに、、休憩しよっか、と自分で休憩終了の時間を設定してもらいます。(自分で設定してもらうことがポイントです!)ピピピっとなったら、さあ勉強!とイベント性を持たせました。

初めは親が休憩するタイミングを図っていましたが、慣れてくると、自分から「ここまで(たくさん勉強)するから休憩は(5分じゃなく)10分にする!」と時間管理ができるように?!なりました。

自分で設定し、休憩時間を決めることで、休憩終了してもまだ休憩したい要求が減りました!

女の私にはピンと来なかったですが、特に男の子はゲーム感覚でないと何かと集中してくれなかったり、クレームがやってきたりと、すんなり進みません。それを逆手にとった作戦です。(パパ考案)

学習用、勉強用におすすめなタイマー・ストップウォッチ 〜その後〜
家庭学習の時間管理の話です。 勉強する時間管理のために以前購入した無...

広告
トップへ戻る