N学園2ヶ月目〜初めての個人懇談〜

記事をシェアする

小学3年生のお姉ちゃん、進級して4年生になりました。中学受験専門塾へ入塾してから3ヶ月目突入しました、突入してしまいました。

問題を一緒に解いたり、プリント整理したりとブログ更新が追いついていないです。

1ヶ月目は宿題をこなすだけでてんてこ舞いでしたが、2ヶ月目でもそれは変わらず同じ状態です。

ただ、宿題の量と、問題を解いてマルつけにかかる時間はだいたいですが把握できるようになりました。わかってきた分、時間が足りないことに焦ることも多いですが。

広告

個別懇談

入塾2ヶ月目、初めての個別懇談がありました。もう懇談?!です。

懇談前に子供についての簡単な情報アンケートがあり、それと数回のテストに基いて懇談をしました。

入塾したばかりで何をどうしていいか手探り状態なので、漠然とした相談しかできませんでしたが、私が相談したかったこと。それは、

①宿題の取り組み方

②計算ミスを減らすには

③最高レベルクラスを受講し始めるタイミング(現在基本クラスのみ)

上記3点です。

①宿題の取り組み方

国語、理科、WEB講座の算数、3科目受講しています。

国語について。

前回の記事で書いたように、私たちは朝に漢字練習問題、習い事がない平日および週末に長文問題を解いています。国語に要する時間が1番長くかかります。お姉ちゃんが問題を解く時間はペースにまかせています、1つの長文が読み終わると、丸つけをし、一緒に見直しをします。

まず先生に、取り組みに要する時間がかかること、取り組み方について相談しました。先生の返答は、★解くのに時間を設けること、★問題の見直しはどれだけ時間がかかっても大丈夫だということです。

お姉ちゃんは集中して取り組んでいるので、解く時間に関しては現状のままいくことにしました。問題の見直しは、解答集を子供が見ても容易に理解は難しいので、私も一緒に見直していくことにします。間違えが多いと、この見直しに時間がとてもかかりますが、先生も、4年生の文章問題は少し難しくなっているので間違いが多くても仕方がないのでしっかり復習すること、と言ってました。

あと、長文を解いた後は毎日1回音読するように、とのことです。毎日音読することで頭にスッと入っていきやすいそうです。私達はしていなかったので、これからは取り組んでいきたいと思います。

国語では、基本クラスの授業後に、宿題プリントを授業形式で取り組むオプション講座があります。基本クラスのあとに開講されているので、そのまま7割程の子が受講しているようです。宿題を家でする負担が減ること、宿題問題の理解度が深まるということで、先生には国語の苦手なお姉ちゃんにオプション講座を薦められました。こちらも検討しないといけません。

算数について。(WEB講座)

サッカースクールと受講時間がかぶっているため、WEB講座を受講しています。WEB動画を見ながらノートをとっていく、生の授業と同じやり方です。WEBを見終わるとすぐに問題を解き、間違えた問題はやり直し欄を使って繰り返し解いています。算数については私達の進め方のままでいいそうです。

理科について。

宿題プリントは2回取り組めるようになっています。1回目は授業の次の日までに、2回目は前日に、取り組むのが効果的だそうです。どうしても記憶は減っていくものなので、すぐに取り組み繰り返し復習することで定着させていくそうです。

スケジュール管理をし、効率的に宿題に取り組めるようにしたいと思いました。

②計算ミスを減らすには

お姉ちゃん、とってもミスが多いんです。計算ミス、と書きましたが、単純な計算だけでなく、筆算した後の解答用紙への書き写しなど(例えば『3756』を『3576』と書き間違いしたり)、とにかく多いです。学力テスト、復習テスト、宿題プリント、毎日の計算問題、どの場合でもミスが必ずあります。

ミスって理解しているだけにもったいないですよね。でもミスをなくすって容易ではない、、、いくらしっかり見直すように言っても難しいんですよね。

面談で相談しました。先生曰く、意識の持ち方だそうです。意外な答えにえっ!でした。ミスをしないという計算への取り組み、解答用紙への記入、その確実に取り組んでいく気持ちが大事なんですね。私だけではなく、先生からも学力テストの内容をみてミスについては指摘してくれるようです。

③最高レベルクラスを受講し始めるタイミング

最高レベルクラスの受講資格もあるお姉ちゃんですが、現在は基本クラスのみの受講です。基本クラスでも宿題に追われている中、最高レベルクラスの宿題をする余裕がなく、受講を延期している感じです。ただ、目指す学校によっては最高レベルクラスの受講の必要があり、そのタイミングを相談しました。

相談の結果、お姉ちゃんの場合は、今は基本クラスでしっかり基礎を習得し、5年生以降の受講でも遅くはないとのことでした。

N学園は基本クラスでも、有名私立中学を受験できるレベルだそうです。基礎という名前が惑わせてしまいますが、基礎クラスをしっかり習得することが成績の伸びにつながるようなので、しばらくはこのままでいきたいと思います。

2ヶ月目の感想

1ヶ月目から引き続き、宿題にあたふたしています。でも、もう少し時間が経つと落ち着いてくると思うので、今は目の前にあることを確実に取り組んでいきたいと思います。

広告
トップへ戻る