本好きになーれ

記事をシェアする

本の読み聞かせは小さい頃からしていました。

胎児の時から幼児教室に通っていることが読み聞かせへの意識へつながっていたと思います。就寝前には必ず1冊は、と取り組んでいましたが、読書って親が無理強いすることってできないですよね。

子供達が本を読むのは私が読む時だけ。読むというよりも読み聞かせなので、子供達は聞いているだけです。なかなか自分から本を手にとって読むことはありませんでした。

それが!お姉ちゃんは3年生になって急に一人で本を読むようになったんです。本当に急にです。お姉ちゃんの中でも何かきっかけがあったわけではないみたいですが、本の面白さに気づいた、と言えばおおまかすぎますが、本から自分が知らないことが得られることが楽しくなってきたようです。

お姉ちゃんはまだ、小さい頃からお薦めの本を差し出すと読んだりすることはありましたが、僕は全く自分で読もうとはしません。それが簡単な絵本であっても自分で読まないんです、ある意味徹底しています、笑

たまーに、本を見ているので、おっ!!と思い遠くから静かに観察してみるんですが、パラパラーっとめくった後、決まって『はい、読んで』と言ってきます。はい、全く文は読んでません。絵を見ているだけなんです。

本当は本当は自分で読んて欲しいんですけど、無理強いしても読むものでもないし、ついつい私が読んでしまいます。まぁ本に興味があるだけ良しとしようかという気持ちで読み聞かせしています。

 図書館通い

お姉ちゃんが本に興味を持ち出し、家にはほぼ絵本しかなかったので、本屋さんで購入したり、図書館へ行くようになりました。

図書館へは何度も行ったことはありますが、どうしても続けて通うのが難しくなるんです。2週間後の返却期限に合わせ、2週間に1度程度通うつもりではいても、あっというまに2週間が来てしまい、返却期限が過ぎてしまい、慌てて返しに行くものの、返すのが大変なのでもう次は止めておこうと通わなくなってしまい、、、と図書館通わなくなる連鎖に何度も陥った過去があります。

ただ、今回は家にはない分類の本をお姉ちゃんが読みたがっているので、図書館通わなく連鎖を断ち切り通う連鎖を続けて行きたいと思います。

そして、今回はこちらの本を借りてきました。

その名も

書名:ちきゅうがウンチだらけにならないわけ

作者:松岡 たつひで

出版社:福音館書店

このタイトルに含まれる三文字の言葉に無反応な子供はいないと思います。小学生低学年男子が好きなネタが大好きです。そこのこともありこの本を手にとったんですが、あることを思い出しました。

この本家にある、、、。

1年ほど前に私が面白そうだなと買ったんですが、おそらく一度読んだだけでそれ以降は手にすることがなかったと思います。なぜか図書館にあったのを手にし、そして、そのまま借りてきてしまいました。

借りてきたこちらを僕の前に差し出すと、、、案の定、食らいつきました!!いやいや、買った同じ本がずっと前から家にあるよ、って思いながらも読みました、いや、読み聞かせしました。それも3回も!図書館で借りた本っていうだけで新鮮だったんでしょうか?!

 ちきゅうがウンチだらけにならないわけ

こちらの本、大人もとても勉強になると思います。食物連鎖を知っている大人にとっては理由が理解できるので疑問にも思わないですが、子供の目線で着目した内容に納得でした。

子供も大人も、動物も虫たちもみんなみんなウンチするのに、どうして地球はウンチだらけにならないのか、という疑問を解決していきます。

主人公は犬です。この子がどうして?のナゾを解決していきます。小学生男子が大好きなウンチ、笑。それって汚いって思っているから笑ってしまう、ネタにしてしまうんですよね。でも汚いだけじゃなく、自然界にとってとても役に立っているということをわかりやすく説明しています。子供でもなるほど〜って理解出来る内容だと思います。

[amazonjs asin=”4834080080″ locale=”JP” title=”ちきゅうがウンチだらけにならないわけ (福音館の科学シリーズ)”]

家には絵本がたくさんありますが同じ時期に購入したお薦め絵本です。

書名:しろくまのパンツ

作者:tupera tupera

出版社:ブロンズ新社

本屋さんお薦め絵本というポップに惹かれ購入しましたが、1歳から小学校低学年まで幅広く楽しめる絵本です。

しろくまくんのパンツが見当たらないのですが、、、どんどん次のページをめくりたくなる絵本です。

[amazonjs asin=”4893095471″ locale=”JP” title=”しろくまのパンツ”]

広告
トップへ戻る