N学園1ヶ月目〜宿題にてんてこ舞いの日々〜

記事をシェアする

中学受験を目指すお姉ちゃん。3年生だけ通っていた学習塾を卒業し、2月から中学受験専門のN学園へ入塾してからすでに1ヶ月が経ちました。

予想を超える宿題に追われる日々です。

どう説明していいかまとめられないくらい、私自信が上手く時間活用できてないのが現状です。

今回は宿題のお話です。

宿題の量

受講しているのは基本コースの算数(習い事重複で通えない為WEB講座)・国語理科です。

それぞれ授業の後、その内容を復讐する宿題プリントが配布され、1週間後の授業に提出するという流れです。(WEB算数のプリントは、国語または理科の授業にて配布されます)

宿題は、授業で習った内容の復習なので、基本的に授業を聞いていたら解けるはず。なのですが、授業で解く時間がなかった問題や、応用問題もあるので子供が1人で取り組むには簡単にできる内容ではないです。

例えば、

国語の宿題プリントの内容は、

・文章問題(授業と同じ内容)

・文章問題

・語句の知識、文法(授業と同じ内容)

・語句の知識、文法

・漢字4日分の取り組み(練習・読み・書き)

・漢字のやりなおし欄(間違った漢字を繰り返し復習)

・語句の意味調べ(宿題している中でわからない言葉を辞書で調べ記入)

・復習テストのやりなおし欄

です。

漢字の取り組みは4日分あり、毎日取り組むように指導されています。

漢字は解くのに5分程度で終わりますが、意味がわからない言葉があれば意味を調べ、間違った漢字はやり直し欄でやり直し、をするともちろん5分では終わりません。

宿題の取り組み方

宿題プリントの表紙に宿題の取り組み方が毎回記載されています。自己チェック欄があり、できたことにチェックをいれます。

この自己チェック項目をしっかり守り取り組むことができればいうことないのですが、、、そう完璧にはなかなか難しいです。

入塾してから知ったのですが、どの宿題も親が丸付けすることになっています(子供がそう言ってたので私はそうしています)。負担に感じる人もいるかもしれませんが、その分先生もしっかり内容を確認してくれていて、提出した翌週に返却されてくると『講師の評価』が5段階で採点され、コメントにて取り組み方の指導もあります。

以上が塾からの取り組み方。

私たちがこの1ヶ月手探りで考えた取り組み方は、

①まず子供が問題を解く

②私が時間ある時に丸つけをする。

③子供と一緒に見直しをする

※ほぼ毎日行う漢字の取り組みは、できるだけその時丸つけをしやり直しをします

国語の1科目だけで1週間の総勉強時間が2時間から3時間くらいはあります。ただ塾からの指導要綱では、2時間弱ほどで取り組むようにとのことです。(入塾直後の1週間目はわからないことだらけでもっと時間かかっていました。)

これらの宿題、自分で家で取り組み見直す、と家での負担がとても大きいので、基礎の授業のあとにオプション講座として、宿題プリントを取り組む講義があります。ほとんどのお子さんはこちらのオプション講座に参加しているようです。(別途料金)

1週間のスケジュール

まだしっかりスケジュールが定まっておらず見直す点が多いですが、現状のスケジュールです。

【国語】

● 漢字の取り組みは4日分、まとめてやらず毎日取り組む (朝)

● 文章問題、語句の知識文法は習い事のない平日、及び休日

● 意味調べや漢字のやり直しは隙間時間

【算数】※web講座

● 計算問題の取り組みは6日分、まとめてやらず毎日取り組む (朝)

● WEB講座の視聴は、習い事のない平日、及び休日

● 問題の取り組みは平日、時間が許す分だけ(本当は逆で、問題に対し時間を決めるべきなのですが、時間管理が上手くできずそこまでできていません)

● やり直しは隙間時間。1度やり直して間違った問題はもう1度やり直し。

【理科】※算・国に比べると総勉強時間は短いです。

● 平日。復習は前日か前々日。

(毎日の取り組みはなし)

スケジュールと言えるほど時間管理できていませんが、お姉ちゃんの一生懸命取り組んでいる姿をみると、私も真剣にサポートしないとと奮起させられます。

どうしても平日の夕方は習い事で時間がほとんどないので、朝時間を活用するように心がけています。時間だけでなく、僕が寝ているので、落ち着いて勉強できるというメリットもあります。

もっと時間を有効活用できるはずなので、色んな方法を試し、お姉ちゃんにあった勉強方法を見つけたいと思います。

広告
トップへ戻る